2006年07月15日

焼き肉ハンター@自由が丘

 夜は自由が丘に比較的新しく出来た「焼肉ハンター」に行ってみた。もともとmixi内の自由が丘コミュの中にトピックが立っていて気になっていた。二日前に予約を入れ、開店と同時の17:30に行ったが、我々が帰るまでに、あと女性の数人連れが一組来ただけ。まだ新しいだけに、評判はあまり広がってないのかな。

 注文は、二人で行って「和牛まるごと食べ尽くしコース」5000円を二人前。あとはそれぞれドリンクを注文。お客が少なかった事もあり、料理は滞りなく出てきた。最初にキムチ、ナムル、センマイ、そしてレバ刺しが登場。
「レバ刺し」
 それらをパクつきながら待っていると、本命の肉である。


上右側から時計回りに
ハラミ
サーロイン
サンカク
黒タン
真ん中が
ダキチン(外もも)



同じく上右側から
テール
イチボ
ザブトン
トウガラシ
真ん中が
ゲタ(ゲタカルビ)

 それこそ「ジャンボ」あたりでしかお目にかかった事の無いような稀少部位もちらほら。もちろん味も良い。それぞれに、赤身、脂の味や歯ごたえが微妙に違うので、全く飽きず、逆に「次はどれにしようか」と言う楽しみがある。各部位はだいたい一人二切れ(まれに一切れ)なので、お試しコース的な感じだが、それでも10部位食べるとそれなりにお腹も満足する。

三皿目はモツだった。

上右側から
つらみ(ホホ肉)
ミノサンド(第一胃)
ホルモン(大腸)
シビレ(胸腺肉)
真ん中が
マルチョウ(小腸)

 このモツ各種が実に驚きだった。たいていモツは、その独特の歯ごたえやクニュクニュ感が楽しい物だが、ここのモツはどれもさっくりとジューシー。「ちょい焼きすぎて固くなったか?」と思っても、中はふんわり柔らかいままだ。そして、かみしめた時の脂・肉汁の出方が半端じゃない。

 たとえて言うなら、普通のモツが赤身として、ここは「モツの脂身」と言う感じ。かと言って脂身のくどさやギットリ感とは無縁。ブタも牛も鶏も、本当に良い脂は軽く甘くもたれないそれでいて染みいるようなコクがある。その通りの、実に美味いジュースを蓄えている。

 はあ、こんなモツが世にあるとは。次回は、モツをメインに食べてみたいと思ったほど。

 料理は、これにカルビクッパ、デザートを加えておしまい。追加はとくにせず、料理で二人で一万円。同行者が酒を呑まない人だったんで、支払いは12000円を少し切るくらい。

 今回の食べ方だと、質と共に量も追求したい時や、モツの歯ごたえを存分に楽しみたい時には少し向かない。が、一度お試しのつもりで、この食べ尽くしコースを食べる価値は充分あると思った。混む店になる前に、また行っておこう。
posted by しう at 22:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

吉華/麻婆豆腐、鶏肉とカシューナッツの正油炒め

 昼食は、上野毛のお気に入りの中華「吉華」に。ディナーもいいが、ランチのお買い得感は捨てがたい。今日はかなり混んでいたなあ。身体に喝を入れる為、ここの刺激的な麻婆豆腐を食べようと言うこと。「麻婆豆腐」と「鶏肉とカシューナッツの正油炒め」を注文し、同行者とシェア。

「麻婆豆腐」「鶏肉とカシューナッツの正油炒め」
 トウチャオのコクとラー油、中国山椒の刺激が舌と胃袋を伝わり気持ちいい。ビリビリと痛いような辛味ではないからライスが進む。鶏肉とカシューナッツの正油炒めも、ナッツの歯ごたえ、醤油の香ばしさが出ていて良かったなあ。元気を貰える貴重な店だ。

●東京都世田谷区上野毛3-14-10 03-3704-6234 11:30〜14:00、17:00〜21:30 不定休
posted by しう at 23:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

とんかつ割烹 陣屋

 ラ博で二杯食べての帰宅後、自宅作業を続行しながら夕食どうしようと考えるが、やはり気力が涌かない。考えてみりゃ、今週はほとんど「冷たい麺」ばかりだなあと思うと、急にガッツリした物が食べたくなった。やっぱり、いくら暑い時期とはいえ、人間時々は食事で「熱」を身体に入れる必要があると見える。食べたい物は、第一候補焼き肉、第二候補中華(それも四川とか)、第三候補揚げ物。どれも行きたい店はあるが、今日は新規開拓で、上野毛の「とんかつ割烹陣屋」にしてみた。

 鶏唐揚げや山かけで発泡酒のジョッキを行った後、上ロース定食(1600円くらい)を頼んだ。
「上ロースカツ定食」
 むろんこれにご飯と赤だしとおしんこが付く。トンカツは「上」のせいか厚みも大きさも結構あり、中はジューシー。適度な脂身も甘い。コロモはサクサク。カリカリやジョリジョリなどより大幅に好み。また、植物油を使っているそうで、そのせいか大きさの割にはくどくない。

 揚げ油に何を使うかは好みによって意見があるだろうけど、とんかつの前にそれなりに沢山食べていた身としては、軽く食べられる植物油が有り難かった。個人的にはかなり拾い物。今度はランチにも来てみようかしらん。
posted by しう at 22:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月26日

【とんかつ、串揚】よしの

 夜は、19:30頃に等々力の「とんかつ 串揚 よしの」へ。安くてうまいトンカツ屋だから食事しないかと言われて行ってみたら、一品や串揚げの美味そうなメニューがずらっと並んでいた。木の風合いを活かした落ち着いた内装だし、おまけに「等々力渓谷地ビール」などもあるのでついつい呑みモードにチェンジ【爆】。

「キャベツと野菜スティック」「とどろき渓谷ビール」


「寄せ豆腐」「大根とホタテサラダ」


「若鶏のさっぱり揚げ」「串揚げ各種」
 ボリュームはそうでもないけどそれぞれ美味かったなあ。揚げ物がさっぱりと揚がっていて、またビールが進む(^_^;)。揚げ物メインだったんで、ほとんどはぐいぐい呑める生ビールをおかわりしたが、「とどろき渓谷ビール」もフルーティな香りがありじっくり呑むにはよさげ。

 こういう揚げ方するならトンカツも美味いかも。いずれ来てみなきゃ。

●とんかつ 串揚 よしの 東京都世田谷区等々力3-10-7 03-3702-1350 11:00〜14:00、17:00〜21:00 木休
posted by しう at 17:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月01日

【焼き鳥】鳥重

 渋谷がお子ちゃまに占拠されてから久しいが、今でもぽつぽつと「大人の為の渋谷」は残っている。その一つが昨日行ってきた「のんべい横丁」。古き良き昭和をそのまま切り取って残したような一角だ。

 お店は焼き鳥の「鳥重」。近年噂はよく聞いていたが、狭い店なのにファンが多く、事実上ほぼ完全予約制。しかも、常連さんと一緒じゃないとまず無理と言う、まるでmixiのような店。一体どうしてくれようかと思っていたら、昨日ひょんな事から常連さんと行ける機会に恵まれた。初対面の常連さん(女性)と、古くからの友人(女性)の両手に花状態である。

 一晩三回の完全入れ替え制で、店舗はほぼ正方形。そのうちの二辺が5人ずつくらい座れるカウンターになって、女将さんが一人で切り盛りする。注文は最初にグループごとにまとめて。店内にはメニューも短冊も無いから、この時点でイチゲンだと難しい。完全にお任せモードである。

 写真は撮らなかったが、とにかく串一本がでかい。だんご(つくね)は三つ刺しだが、小振りなハンバーグほどもある。肉の串も、大きなものはそうだなあ、コッペパンに串を刺したくらいはあるかな? とにかくこれまで見た「焼き鳥」の中では最大だ。一人一本とかは無謀なので、三人で一串を分け合ってちょうどいいくらい。

 注文は、
・柔らかいモツ(レバ)
・ハツ×2
・合鴨
・しっぽ(ぼんじり)
・ナマ(ささみとレバ(白レバ?)の刺身盛り合わせ)
・団子
加えて飲み物が瓶ビール2、日本酒3、ワイン1

 が、これを三人で分けてお腹いっぱいだから、ボリュームのでかさが判ろうと言う物。ハツのしゃきしゃき感と、レバ刺しのねっとりした濃厚さが特筆だった。

 何より女将さんのキャラだな。明るくハイテンションで、狭い店で押し合いながら食べている他人同士を繋ぐ雰囲気がある。いいなあ、常連さんが多いのも納得だ。21:30スタートで、あっという間に終電近くの24時近くである。ラストに出される鶏白湯のスープがまた良い。

 さて、お勘定は以上の飲み食いで6200円。ふむ、そんなもんかなと思ったら、これが三人分の値段だった【爆】。一人2000円少々だ。えーとー、酒類だけでその半額分くらいは越えてると思われるんですが(^_^;)。


 串の本数自体は少ないが、一本につき並の焼き鳥の2〜3倍のボリュームがある事を思えば破格値と言っていい。なるほどね、こりゃ評判になる筈だわ。

 味、雰囲気、値段全てに大いに満足した。また行きたいなあ。またお願いして連れていって貰おう。
posted by しう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

【カレー】タンドリーキッチンサンガワ

今日は自由が丘の「タンドリーキッチン サンガワ」でランチ。ネット上の評判を見ると、自由が丘近辺ではかなりの人気のようだ。開店のちょうど12:00頃に行ったら「5月まではランチタイムは12:00〜13:00まで」と張り紙がしてあった。ふむ、早めに行っておいて良かったな。

 インド人らしいコックさんが、厨房でナンを焼いている様子が見えるのが楽しい。私はマトンカレーとナン、同行者は野菜カレーとライスで。

「マトンカレー」「野菜カレー」「ナン」
 ルウの味は、やや塩味が強く感じるが、コクもあって美味しい物。野菜カレーの方が野菜の甘味が出ている感じ。マトンの方がスパイスは感じるかな。やや太めの針ショウガが乗っているので、これを適宜ナンに巻くなり口に入れるなりすると、鮮烈な香りが感覚をリフレッシュしてくれて嬉しい。全体的に、もちろんインドカレーなんだけど、どことなく日本風のカレーに近い感じもした。

 ナンはふわふわ。モッチリとかサクサクともまた食感が違い、大きさの割には軽く食べられる。厚手の部分だと、中華まんじゅうの花巻のようはふっくら感があって、くどくなく食べられてこれも旨い。いやいや、満足満足。どこの店もそうだが、ディナーになるとまた品数がどーんと増えるようだから、来てみなければ。うーむ、カレーのディナー宿題店がどんどん溜まっていく(^_^;)。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

【カレー】ルソイ

 今日の夕食は「インド料理 ルソイ」。かなりの繁盛店のようで、我々が入った事でだいたい満席近くになった。フロアではどうやらインド人らしい男性が、ターバンを巻いて接客している。雰囲気ばっちり。二人で、カレー三種とナン二種類を頼んでみた。

「カレー三種」「ナン二種」

 カレーは手前がバターチキン、奥左側がマトンと豆、右側がエビと野菜。ナンは、ノーマルとハーブを使った物。しっかりしたコクとスパイスが鮮烈に香るタイプ。ナンはどっちかと言うともっちりかな? ルウと具が、実にしっとりと調和している。ここもかなり美味しいなあ。

 同行者によると、ランチはまた味わいが違ったみたいで、そちらも機会があれば来てみたいな。
posted by しう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

【カレー】shugyok(珠玉)

 本日のランチに行ったお店。私はチキンカレーを、同行者は本日のカレー(大豆入りトマトカレー)を頼む。


「チキンカレー」「大豆入りトマトカレー」
 どちらも、油に頼らずさらっとしたルウだが、味わいはかなり異なる。チキンカレーはスパイシーで、チキンのリッチさとピーマンなどのシャキシャキ感が絶妙。大豆入りトマトカレーはマイルドだがトマトの酸味と旨味が、スパイスと実によく合っている。こりゃあうまいわ。

 雰囲気も落ち着いていて食べやすいし、先日の「インディア」と並んで、好きな店になりそう。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

【カレー】インディア

 ランチは「インディア」@自由が丘でカレーを。二種類のカレーが選べて980円のセットはなかなかお得感がある。サフランライス100円、ナン150円で追加が出来るのもありがたい。私はチキンカレーとマトンカレーをナンで。同行者は豆のカレーとベジタブルカレーをサフランライスで。


「マトン&チキン」「ベジタブル&豆」

 本格的インドカレーだが、油感やスパイスの使い方などは先日食べた「MOTI」@二子玉川に比べるとマイルドな印象を受けた。が、ソースのコクと肉や具材の旨味は良く出ていてかなりうまい。ナンの味はやや甘めかな? カレーとのコントラストがいい。


 落ち着いた雰囲気といい、かなり好きな店になったな。ディナーだと更にカレーやナンの種類も増えるみたいだし、遠からず再訪しそうな予感。

http://r.gnavi.co.jp/a296000/
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

【ドライカレー】バンダナ

 夕食に深沢の「バンダナ」と言う店で夕食を。「アドボ」「シニガン」と言うフィリピン風シチューがウリの店らしいが、今日は私はドライカレー、同行者がオクラカレーを注文した。
「ドライカレー」
 スパイシーでコクのあるドライカレーには、下にレタスが敷き詰められ、更に玉ネギも入っているので野菜感がたっぷり。目玉焼きがマイルドさを出しておいしい。ボリュームはまずまずだが、満足。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

【カレー】ムッシュヨースケ

 昼は、池尻大橋駅から徒歩10分ほどの場所にある「ムッシュヨースケ」でカレーランチ。曇り気味だが気温は高め。歩いていたらかなり汗をかいた。昼過ぎのちょうどピークに行ってしまい、5分ほどの待ち。店内は若い女性客が多い。この近辺に勤めてる人のようだ。注文はチキンカレーを。
「チキンカレー」
 ライスの上に、チキンと揚げた野菜類、ナッツなどが乗り、カレーソース自体にはほとんど具材はない。このソースは、あまりスパイスが強くなく、ダシ(スープ)の味で食べさせるタイプ。先日二子玉で食べた「MOTI」とは対照的な印象を受けた。

 いわゆる「日本風のカレー」と似た印象を受けるのは、ダシ文化で旨味を重視する日本人の嗜好と、このスープの強さが合うからかな。具材がソースと全く別に仕上げてあるのは諸刃の剣。それぞれの風味がしっかり味わえるとも言えるし、まとまってないとも言える。個人的にはこれはこれで充分美味しいが、そこで評価を下げる人もいるかも。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

焼き肉ジャンボ 白金店

 夕方から、強くなってきた雨の中、白金高輪に向かう。篠崎の名店「焼き肉ジャンボ」の白金店が出来たと聞いて、肉好きの仲間が集まったのだ。





 結論から言えば、まずは美味い焼き肉だったが、本店とは方向性が違うかな。土地柄もあってかお値段もやや高め。オシャレに焼き肉を食べたい時とかには重宝しそう。

 混んで来て、2時間ルールに引っかかって22時前には退散。腹六分と言う所でラーメン二杯くらい片づける余裕はあったけど、雨脚が更に強まってきたし、早起きと行列の疲れもあったので早々に帰宅。ふう。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(2) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。