2006年07月12日

◆「らーめんこじろう(526)」/塩ラーメン+鯛めし、冷やし

 Open直後に醤油を食べて一ヶ月強。その後どんどんと良い評判が上がった「塩(750円)」を食べに来店。食券機で、これまた評判のいい「鯛めし(350円)」も購入。前回は(多分)ご主人夫婦でやっていたが、今回は女将さん(多分)がおらず、ご主人と迫力のある店員が加わっていた。実はこの店員さんは古い顔見知り(^_^;)。私の顔を見たとたんに「あ、塩ですね」。はいその通り(^_^;)。先客1、後客3。

 食券を出し、まず「鯛めし」をよそっているのを見ると、値段相応と言うか結構でかい。
「鯛めし」
 普通ラーメン店サイドメニューのご飯物は茶碗に入ってるもんだが、茶碗レベルは遙かに超え、丼レベルに入る大きさ。鯛のダシで焚いたらしいご飯は、やたらな旨味ではないがほのかな風味がかなり旨い。鯛の身も少し入っている。「鯛めし」をぱくついているウチに塩ラーメンが上がってきた。
「塩ラーメン」
 さて、ここは本来二郎系の店だが塩ラーメンは二郎とは全く異なる物。白身魚(ほとんどは鯛だが、たまに別の魚を使う事もあるとか)のダシの、それでいてパワーもある味だ。麺は中くらいのストレート麺。二郎系の麺と似た食感だが、細めなのと表面が滑らかな感じがあってするする行ける。麺の長さは結構あるのですすりきれない事もあったが。

 具はハマグリ、タケノコ、チャーシュー、白髪ネギ、魚のすり身団子など。そのまま食べてもよし、鯛めしのおかずにしてもよし。ハマグリから出てきたダシが旨かったなあ。更に、最後に残った鯛めしにスープをかけてお茶漬け風にしてしゃばしゃばやるとこれがうまい。ラーメン単体はむろんの事、この鯛めしとのマッチングはいいなあ。来るたびに醤油とどっちにするか迷いそうだ(^_^;)。

 塩+鯛めしを食べた後、食券機を見て気になっていた「冷やし」も注文してみる【爆】。塩+鯛めしもそれなりにボリュームのある組み合わせだったんだが、動物性の脂がほとんど無かった為か、冷やしなら行けるだろうと踏める腹具合なのだな。念のため、冷やしのボリュームを確認した所、「いやそれほどでも無いっすよ」との事でもあったし。
「冷やし」
 浅い皿に麺と具を盛って、タレを仕込んである「冷やし」は、冷やし中華スタイル。麺は「塩」と同じ物かな。酸味のある醤油ダレに、胡瓜の細切り、チャーシューの細切り、白髪ネギ、タケノコ、糸唐辛子など。

 特徴的なのは「豚骨のジュレ」。豚骨から出たゼラチン質を冷やし固めた物みたいで、これをタレに混ぜながら麺と絡めて食べると、醤油味と酸味にぐっとコクが加わる。これまたなかなか美味しくいただいた。最初はジュレだけをつまんで「あまり味しないなあ」と思っていたが、タレと混ぜるとかなり美味しい。

 一点敢えて言うなら、やはり動物性油脂は冷えると固まるので、チャーシューはなるべく脂身の少ない場所がいいかなと思った。

 迫力ある店員さんが「じゃ次は醤油で」と麺に手を伸ばしかけたのを固辞して帰宅(^_^;)。いくら何でも三杯目に二郎スタイルは無理ですってば(^_^;)。余力があれば近所の「葉月」で冷やしでもと思っていたが、さすがに二杯+ご飯物ではいっぱいいっぱい。素直に直帰と相成った。
posted by しう at 23:30| 🌁| Comment(1) | TrackBack(5) | ラーメン食べ歩き【東京都】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
鯛めしと塩ラーメンの組み合わせは良さそうですね。前回も注文すればよかった。
でも次回は醤油を食べたいと思ってますので、
鯛めし、醤油ラーメンにしたいと思います。
Posted by ライダーマン at 2006年07月15日 20:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20780115

この記事へのトラックバック

らーめん 526(こじろう)@雪が谷大塚
Excerpt: 6/2にオープンした『らーめん 526(こじろう)』へ。こちらは『ラーメン二郎 武蔵小杉店』の店主が出した新店です。お店は中原街道沿いにあり、デカイ黄色の看板が嫌でも目に入ってきます。客席はカウンター..
Weblog: しらすのラーメン日記
Tracked: 2006-07-14 20:16

らーめん こじろう(526:雪谷大塚)
Excerpt: 6月25日(日) 曇り メニュー=塩 玉子 前週、前々週の日曜日にこちらの店に行
Weblog: ライダーのラーメンと共にある日々
Tracked: 2006-07-15 20:26

らーめん 526(こじろう)@雪が谷大塚(248杯目)
Excerpt: 12時40分ころ着。 ちょうど私で満席。 鯛めしが気になるも、連食予定なのでスルー。 塩らーめん(700円)1日限定50食(ゆず抜き)。
Weblog: ラー部通信
Tracked: 2006-07-22 21:38

らーめん こじろう526 雪が谷大塚
Excerpt: らーめん こじろう526最寄駅:石川台 / 雪が谷大塚料理:ラーメン一般採点:★★★★☆一人当たりの支払額(税込み):1,000円以下用途:昼食 武蔵小杉の『二郎』な方が作った塩らーめん! ハ..
Weblog: 石を育てています by Ryuman
Tracked: 2007-01-13 00:53

元・二郎チェリーの詩(うた)〜「らーめんこじろう526」雪谷大塚店
Excerpt: 前回、醤油食べたから 今回は塩、という流れ それはそれでとても自然で
Weblog: PoweredTEXT
Tracked: 2008-04-14 23:18
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。