2006年07月01日

◆「ラーメン将」/獅子ラーメン

 店頭の看板によると「東京の五反田本店はマスコミに何度も出た有名店。猪骨を使ったラーメンを出す」との事。東京に本店があるなら栃木で食べなくても良さそうな物だが、実は「五反田に猪骨のラーメンがある」とは聞いたコトが無かったので戸惑ってしまった。ともあれ「獅子ラーメン(750円)」を注文。猪のことを「しし」と言うから、それをもじったのかも。
「獅子ラーメン」
 ラーメンは、ぱっと見は普通の豚骨醤油。が、スープを飲んでみると、確かに猪らしい独特の風味と甘さがある。豚骨に似た旨味に加えて、蜂蜜を伸ばしたようなじんわりと舌全体を覆うような甘さは確かに猪っぽい。が、野生味と言うかクセはかなり抑えられているので「一風変わった豚骨醤油」と言われてもあまり違和感は無い。

 麺は中くらいのストレートでつるつる。歯ごたえと、ぶっつり切れる感じがあり若者には受けそう。またスープの部分によってはマー油のような香味がある。どうやら油も使ってるようだ。他は春菊、チャーシュー、半味玉、歯ごたえのあるメンマなど。

 スープ、麺、具のそれぞれが存在感を主張してる。その主張がちょっと強すぎて、多少全体の一体感に欠ける感じはした。が、猪骨をレギュラーで出してるのは貴重かな。

 帰宅後にちょっと調べてみたら、確かに五反田に豚骨ラーメンの「ラーメン将」は存在してるが、その五反田の本店で猪を使ってると言う情報は見つからなかった。最近切り替えたのか、栃木だけ猪骨なのかは不明。もし栃木だけ猪骨を使ってるなら、とりあえず食べてきた甲斐はあったと言う物だが(^_^;)。
posted by しう at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【栃木県】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20192453

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。