2006年06月23日

◆「ふくちゃん」@ラ博/夏麺

 15時少し前に到着し、「夏麺」900円の食券を買って店内へ。繁忙時のマニュアルが生きているのか、カウンターの一番左端に通される。冷ケースが横にあって微妙にぬるい空気が流れてくる。お客の入りは3割程度。うーん、閑散期くらいはもっと余裕のある席に案内してくれてもよかろうもん。

「夏麺」
 「夏麺」は別皿でスイカ付き。ここの旬麺は、こういうおまけ付きのケースが多い。本体のぱっと見は「オムレツの上にキュウリ、ハム、赤玉ネギの細切り、貝割れ、プチトマト、豚の冷しゃぶ、枝豆などを乗せてタレをかけた」感じで、実にユニークだ。味わってみると、タレはややピリ辛味はあるが、ほぼ通常の冷やし中華のタレ。醤油ベースで酸味がある。

 オムレツと見えるのは、冷やした麺を薄焼き玉子で包んだ物だ。麺は通常品かな?形としては面白いが、薄焼き玉子を破って食べて行くと、錦糸玉子を添えた普通の冷やし中華と味自体はほぼ同じ。食べ終わりの印象も「冷やし中華ごちそうさま」。

 見た目のインパクトは大。ただその分、食後感はちょっと肩すかしか。味わいの部分でもう一ひねりあると面白かったんだけどなー。
posted by しう at 23:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【神奈川県】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。