2006年06月09日

◆「坦担」/冷やし担担麺

 関西遠征初日六軒目。閉店30分前の20:30頃で、だいたい満席プラスマイナスα。多少の待ちが出来る事もあった。この時間で、駅からも結構遠いのに繁盛してるわ。暑い中を動き回って本日6杯め。あと一杯重そうなのが残ってると言うことで、ちょっと体力的に熱い担々麺の自信が無く、「冷やし担担麺(並)700円」を注文した。営業時間1130〜1500、1730〜2100。来店のタイミングは思ってたよりギリギリ。途中で見つけた「ガッツリ」に先に入っていたらヤバかったかも?
「冷やし担担麺」
 出てきたラーメンをカウンターから下ろすときにひんやりした。器まできっちり冷やしてあるのは好印象だな。ゴマダレがベースらしい甘いスープにラー油の辛味。担々麺と言う割にはナッツの風味は少なめかな。シャキシャキした野菜はタマネギを刻んであるのかな。何となくらっきょうみたいな風味もある。これに加わった挽肉が、全体の味の厚みを増している感じ。

 冷たいし適度に辛いし、夏ばてになっても食べやすそう。軽い酸味もあるけど、熱い担々麺でもこれがあるのかは不明。この味なら、通常の担々麺も試してみたくなった。今回は使わなかったけど、卓上に「粉トウガラシ」「辛味とニンニク風味」「コクと辛味」(だっけかな)の調味料もあるし。おそらく、通っても飽きが来ない味だと思った。
posted by しう at 20:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【京都府】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。