2006年06月09日

◆「らーめんや 亜喜英」/ラーメン

 関西遠征初日五軒目。「鶴はし」の後、18時から営業のここに来たら「本日19時から営業します」の張り紙が(^_^;)。うーむ、横浜からここまで来て撤退は無いわな。待つしかねえなあ、しゃあないなあ。

 で、19時に来たらまだ準備中。おいおいと思ったが、中で準備してる雰囲気はあるので待っていたらすぐに開店。お客さんも心得た物のようで、19時少し前から何人か集まってきた。「ラーメン(580円)」を注文。常連らしい学生さん同士の会話だと「最近は19時開店が多いよね」らしい。今後狙う場合はそれを心得てどうぞ。
「ラーメン」
 出てきたラーメンは、スープの粘度が実に高い。トロミ感、ざらつき感で言うと、「魁龍」とか「まりお流」とか、そういう全国区の店に匹敵する。が、その割には脂感や獣臭さはあまり感じない。いくら下処理を丁寧にして匂いを抑えても、もう少し豚や鶏のクセは出てくる物だが、店内書きによると「骨を水だけで焚いた」そう。どちらかと言うと、ジャガイモのポタージュを飲んでいるようなさっぱりした濃厚さだ。どんな秘訣があるのか聞いてみたい。

 麺は京都らしい中細のぽくぽく麺。今回の遠征では、これまでに無い程バラエティに富んだスープを食べているが、やはり麺は(「高倉二条」を除いて)基本的に京都スタイルのようだ。

 それにしても、驚いたのは学生さんが頼んでいた「大盛りライス」。小振りの丼に、マンガのようにご飯が山盛り。おそらく、普通に大盛りに盛った後、更に一杯分くらいが積まれていると思われる。あれで150円かあ。唐揚げもかなりボリュームがあったし腹ぺこ学生の強い味方だな、ここは。

 唐揚げ、テイクアウトしてビールのアテにすれば良かった【爆】。
posted by しう at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | ラーメン食べ歩き【京都府】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19064826

この記事へのトラックバック

亜喜英@一乗寺
Excerpt: 12/10(土) 2005年10月5日オープンの、ラーメン激戦区一乗寺にできた話題の新店。仲間からの煽りもあり、凄く楽しみにしていました。 「ラーメン」 【今年679杯目】 豚骨・鶏ガ..
Weblog: ラーメン気ままに食べ歩き
Tracked: 2006-06-11 12:17

亜喜英@一乗寺
Excerpt: 12月10日(土)の昼に一乗寺の亜喜英を訪問しました。一乗寺と言えば京都のラーメン激戦区という印象があります。亜喜英から距離が徒歩5分圏内のお店だけで天天有の本店、天宝、高安、鶴はしと有名店が多いです..
Weblog: たけひこのラーメン全国食べ歩き
Tracked: 2006-06-15 00:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。