2006年06月09日

◆「鶴はし」/ラーメン

 関西遠征初日四軒目。叡山電鉄と言う路面電車でごとごととやってきたのは「一条寺」駅。地元の人は「遠いですよ」と言っていたが、あの「天天有」の近くだと思えば別に遠くも何ともない(^_^;)。到着してみると、店頭の張り紙には「本日のスープ、鴨、老鶏、身ガラ」とあった。「ラーメン」と「とんこつラーメン」のバリエーションがあるが、ここは迷わず「ラーメン(600円)」を注文。17:10頃で夜の部開始直後の為か、先客、後客ともにゼロ。
「ラーメン」
 最初に出てきたラーメンを見て、一瞬天下一品系かと思うトロっとした白っぽいスープだが、それは表面に浮いた脂のせい。スープ本体は澄んだ醤油色である。一口飲んで「うわ何これ旨ぇ」。スープはオーソドックスなようで複雑なコクがあり、更に例の脂がコクを加える。細かく刻まれたネギの風味も良い。今日は、三軒続けて京都の先進的な味のラーメンを食べているが、如何にも京都らしい、それでいてただ者ではないラーメンが出てきたと言う感じ。

 うーむ、やはり私は、地方遠征では一軒くらいはその地方らしいラーメンを食べないと落ち着かないんだなあ(^_^;)。

 うまいうまいと食べていくと、ラスト近くになってプリコリっとした脂の塊と、ニンニクのスライスが入っているのに気が付いた。これが風味を付けているんだなあ。聞くと、背脂の塩漬けをニンニクと炒めた物だとか。背脂は、普通スープと煮込んでチャッチャと振るのが一般的だが、一工夫加えて効果的に使っている。

 独特の表面の脂はその炒めて乳化した物かと思ったが、違うそうだ。鴨でスープを取ると、スープにこういう脂が自然に浮くんだそうだ。ふーむ。

 麺は京都らしい、ぽくぽくした中細ストレート。超有名店「天天有」のすぐ近くに、こんな好みの味があるとは知らなかった。不覚である。
posted by しう at 21:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【京都府】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19064793

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。