2006年06月09日

◆「麺や 高倉二条」/らーめん

 関西遠征初日二軒目。割烹のような外観で、店頭に書かれた「らーめん」の文字も控えめ。気が付かずに一度通り過ぎてしまった。【爆】。カウンターのみのこじんまりした店内では、男性スタッフ二名が丁寧でそつのない接客をしている。らーめん(700円)を注文。つけめんを頼んでいる客も多い。


「高倉二条 外観」「らーめん」
 ラーメンは、底の深いちょっと変わった丼で提供される。魚介が主導する和風醤油味は、「渡なべ」@高田馬場の味を洗練させてたおやかにアレンジしたと言う印象かな。太めで、ごりっと繊維感の残るメンマも少し「渡なべ」を連想した。いやまあ、あれほどにぶっとい訳ではないんだが(^_^;)。

 ただし、麺は「渡なべ」とは全くの別物。全粒粉を使った麺は、ややねっとりした歯触りで、小麦の香りが強烈だ。方向性としては、黒小麦麺の食感や香りに少し近いかな。

 最初は「おとなしめの和風トンコツ醤油」と言うイメージだけだったが、食べ進んでいくと、「医食同源」を謳うこの店のスープの良さが徐々に判ってくる。一般的に、ラーメンは食べ進むうちにどうしても油や塩分、そして「飽き」もあって、だんだんキツくなって来る事が時々あるが、ここのスープは最後まで全く抵抗なくすいすい飲める。今日は連食なので敢えて残したが、普通に一杯食べに来ていたら、何の迷いもなく完食していただろう。おそらくは、良い素材をていねいに合わせてあるんだろうなと思う。作り手の気持ちがこもっているラーメンだった。

 ここも再訪して、つけ麺を試しておきたいなあ。
posted by しう at 22:30| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【京都府】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再び大葉です。

ほぼ週1でペースで通っているせいかすっかり常連と化してるオイラ、店長さんが話し好きってこともあって色んな裏話も伺ってます。
例えば堤燈。
スープが「豚骨魚介」なのでまず「豚骨魚介」と書いてもらったけど、それだけじゃ何の店か分からないので急遽「麺や」と追加。
・・・で、完成して掲げてから

「あ、これじゃまるで『豚骨魚介』って名前のラーメン屋みたいじゃんか」Σ(゚Д゚;

どこかの個人HPでも「高倉二条にある『麺や』さんに行ってきました」とか書かれてたし・・・。
次に作る時は忘れず店名の『高倉二条』を書くそうです(^−^)

話変わって、
8月に上京するかものオイラ。前回は『麺屋武蔵』に行きました。高倉二条に似ている書かれている『渡なべ』にも以前から興味があったのですが、魚介系なら『青葉』がいいという話も聞いてたり・・・何かオススメってありますか?
Posted by 大葉茅郎 at 2006年07月05日 00:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19064699

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。