2006年06月09日

◆「麺屋しゃかりき」/らーめん

 関西遠征初日一軒目。地下鉄二条駅からは徒歩10分弱くらいかな。「鏡花」で修行経験があると聞いていたので全体的に繊細なイメージがあったが、なかなかざっくばらんな外観、内装だ。11:20頃到着で、先客4、後客4。メニューの右端には「当店の人気メニュー」としてつけ麺があり、非常に悩ましい所だが、ここはやはり「ラーメン(650円)」で。その他、和風ラーメンや季節の限定品などもあるみたいだ。
「ラーメン」
 さて、出てきたラーメンは思い切り白濁し、トロミも強い豚骨ベースの物。外観もそうだが、「鏡花」出身と聞いて想像していたあっさり味とは随分異なる。正直意表をつかれた。トロミに関しては、博多や久留米のラーメンと比較しても遜色ない強さかもしれない。ただ油の重さはさほどでもなく、「ぎっとり」と言う感じではない。ただ、豚骨の匂いに押されているのか、煮干しの匂い自体はあまり強くは無かった。

 ちょっと気になったのは、独特の酸味のような風味があった事。もしかしたら煮干しの出方が独特なのかな?後半冷えてくると、その風味がかなり強まっていた。

 麺は細めストレートだが、博多系よりも、やはり京都のぽくぽくした食感に近いかな。スープの持ち上げはまあまあ。ネギは京都らしく青ネギをキレイに切ったもの。もしかしたら九条ネギかな?

 再訪があれば、一番人気と言うつけ麺も試しておきたい。

posted by しう at 23:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【京都府】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19064641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。