2006年05月21日

◆「羅漢果」/伊勢海老ラーメン

 この店はラーメン店の入れ替わりが激しい物件に入った新店。先日までは「一華亭」が入っていた場所だ。私が知る限りでも三軒目、しかもここ2年ほどの話である。さて、今回は長持ちしてくれるといいんだが。

 事前の情報でウリは「伊勢えびラーメン」と聞くいていた。まるで北海道か伊豆あたりでの観光客相手のキワモノ系じゃないかとも思うが、これがなかなかどうして美味しかった。

 19時頃到着で先客2、後客2。基本スタイルは、ウリの「伊勢えびラーメン」「和風ラーメン」「担々麺」の三本立て。私は伊勢えびラーメン(890円)。同行者が和風ラーメンを。
「伊勢海老ラーメン」
 伊勢えびラーメンは、茶濁した味噌ラーメンの上に「えび子みそ」なるペーストが詰まっていて、えびの身はない。聞くところによると、伊勢えびはダシと、「えび子みそ」の容器として使われていて具材では無いらしい。またえび子とえび味噌、エキスを練り合わせたのがこの「えび子みそ」だそう。これまでラーメンで使われる海老と言えば、まず「武蔵」で有名になった香り油、次に「縁や」が使ったスープに溶くペーストなどがあるが、えび子を使ったと言うのは私は初耳だ。

 まずそのままスープを飲むと、海老のダシと味噌の味。動物系もあるのかな。「寿司屋で出てくる甘エビ頭の味噌汁をぐっとラーメン寄りにしてみました」と言う感じ。海老独特の磯の風味がやや強めで、これを生臭みと取るかワイルドさと取るかで評価が分かれるかも。麺は中くらいのほぼストレート。ややつるつるして、スープの乗りが悪い気がした。

 殻に詰まった「えび子みそ」を溶くと、旨味、深み、コクがぐっと広がる。それに伴ってワイルドさも広がるから、これまた評価が分かれるかも。個人的には「スープ」と言うより「漁船の上で贅沢に作った味噌ベースの伊勢えび鍋」のような印象。いや、漁船の上で鍋などつついた事はないけど(^_^;)。

 具材はチャーシュー、タケノコ(?)。チャーシューは「釜焼き」とあるように、多分煮豚ではなく正式の叉焼に近い物。タケノコは、これは何だろ。穂先メンマとも属うし、一般的なタケノコにしては細長い。ベビーコーンのタケノコ版のような感じ。

 同行者の「和風ラーメン」も味見してみた。
「和風ラーメン」
 こちらは、何かとギミックが多い「伊勢海老ラーメン」に対して一転、ごくオーソドックスな澄んだ魚族系。色合いからして塩ラーメンかな。伊勢海老ラーメンの風味が強すぎて、細かい味わいは判らなかった【爆】。麺は細麺をチョイスするなど、芸の細かさが光る。

 全体的にちょっと荒削りな印象は残るが、インパクト充分。また来てみたいと思った。そういえば、店名の「羅漢果」ってどういう意味だろう。確か中国の族実で、これを隠し味に使ったと言うラーメン店もどこぞやにあったような気がするが、「伊勢海老」と「羅漢果」がどう繋がるんだろう(^_^;)。もしかして、ここでも隠し味に使ってたりするんだろうか。
posted by しう at 16:00| ☔| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
このラーメン、見た目にインパクトがありますね。
受け狙いのように見えましたが、でもエビの風味が広がり美味しい味噌ラーメンでした。
でもこのラーメンにはエビの頭がどーんと乗ってますが、実の部分はどうなったのでしょう?
頭だけ仕入れているってことでしょうか。
Posted by ライダーマン at 2006年05月22日 21:34
海老が乗ってる時点でキワモノに見えるけど、
実際はかなりうまいですね。

札幌の「縁や」は、寿司屋から捨てるだけの
甘エビの頭を貰ってきて加工してましたが、
伊勢海老だと、料理屋で出すにしても頭や
胴体も使いそうな気がするし、もともとの
スープにも海老が入ってそうな感じだし、
どう仕入れてるのか結構謎ですねえ。誰か
取材に行ってこないかしらん【笑】。

とまれ、コメントありがとうございました。
今後もよろしくお願いします。
Posted by しう at 2006年05月23日 10:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

羅漢果(尾山台)
Excerpt: 5月9日(火) 曇り メニュー=伊勢海老ラーメン 味玉 本日バイクで出動するも、
Weblog: ライダーのラーメンと共にある日々
Tracked: 2006-05-22 20:52

羅漢果
Excerpt: 羅漢果羅漢果(らかんか、ラカンカと片仮名で表記することもある)は、中国広西省桂林周辺を原産地とするウリ科ツルレイシ属(ニガウリ属)の多年草|多年生つる植物である''Momordica grosveno..
Weblog: 食品添加物や健康食品について
Tracked: 2006-06-01 21:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。