2006年04月30日

◆「麺屋武蔵 虎洞」/牛齧り潮そば

 休日の吉祥寺は混んでいる。人混みの中をかき分けて15時頃に到着すると、6〜7人の待ち行列があった。お目当ての、今日から発売の「牛齧り潮そば(840円)」を注文。「虎洞」の人気シリーズ「牛齧り」の塩Verである。
「牛齧り潮そば」

 スープは牛とアサリ。アサリの、貝独特の風味はあまり強くないが、旨味はよく出ている。スープのもう一本の柱の牛骨と、トッピングの牛肉と二重に牛の風味があるので、ややそちらにシフトした味。アサリの風味と生臭さのバーター具合が難しいんだろうな。とは言え、塩でありながら力強くかなり美味しい。

 麺は、胡椒の練り込み麺だ。もともとラーメンとは相性の良い胡椒なので小麦の風味もスポイルしない。牛のクセに対して、じわじわと効いてくる胡椒の風味が実によい。麺の短さが気になったが、味わいと食感はばっちり。太さの違う麺を二種類混ぜているが、あまり極端に差は付けていない。

 風味付けの「柚子バター」と「紫蘇バター」があるが、これは正直私にはあまりピンと来なかった。清涼感を出す為の柚子や紫蘇と、こってり感を出すバターを混ぜると、両者が良い所を殺し合うように感じた。何となく、このラーメンにはワサビが合うような気がした。

 なかなか他には無いオンリーワンの味。そろそろ久しぶりにノーマルを食べておかないといけないかな。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

麺屋武蔵 虎洞@吉祥寺
Excerpt: 5/19(金) 仲間から煽りを受けていた「牛かぶり潮そば」を目当てに「虎洞」へ。 他に何を食べようか食券機を見た所、「牛かぶり」一色なので驚きました。迷った末「牛かぶり潮そば」と「牛かぶりつけ麺 ..
Weblog: ラーメン気ままに食べ歩き
Tracked: 2006-05-31 01:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。