2006年04月21日

【カレー】タンドリーキッチンサンガワ

今日は自由が丘の「タンドリーキッチン サンガワ」でランチ。ネット上の評判を見ると、自由が丘近辺ではかなりの人気のようだ。開店のちょうど12:00頃に行ったら「5月まではランチタイムは12:00〜13:00まで」と張り紙がしてあった。ふむ、早めに行っておいて良かったな。

 インド人らしいコックさんが、厨房でナンを焼いている様子が見えるのが楽しい。私はマトンカレーとナン、同行者は野菜カレーとライスで。

「マトンカレー」「野菜カレー」「ナン」
 ルウの味は、やや塩味が強く感じるが、コクもあって美味しい物。野菜カレーの方が野菜の甘味が出ている感じ。マトンの方がスパイスは感じるかな。やや太めの針ショウガが乗っているので、これを適宜ナンに巻くなり口に入れるなりすると、鮮烈な香りが感覚をリフレッシュしてくれて嬉しい。全体的に、もちろんインドカレーなんだけど、どことなく日本風のカレーに近い感じもした。

 ナンはふわふわ。モッチリとかサクサクともまた食感が違い、大きさの割には軽く食べられる。厚手の部分だと、中華まんじゅうの花巻のようはふっくら感があって、くどくなく食べられてこれも旨い。いやいや、満足満足。どこの店もそうだが、ディナーになるとまた品数がどーんと増えるようだから、来てみなければ。うーむ、カレーのディナー宿題店がどんどん溜まっていく(^_^;)。
posted by しう at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: ショウガショウガ(生姜、生薑、学名 ''Zingiber officinale'')はショウガ科の多年生植物|多年草。熱帯アジア原産。球根|根茎(肥大した地下茎)を香辛料、生薬として用いる。分類表はク..
Weblog: スパイスとハーブ
Tracked: 2007-10-03 14:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。