2006年04月19日

◆「きら星」/きらにぼしそば(超らーめんナビ限定品

 はあ〜、4日ぶりのラーメンだ。らーナビ限定「きらにぼしそば(700円)」狙いで来たら、13時過ぎにもかかわらず10人近い待ち。限定は昼15、夜15の一日30杯である。下手をしたら限定はおろか、昼営業自体終了に間に合うか心配になってきたが、とりあえず売り切れランプはついてない。少し並んだ後に、無事食券ゲットだ(^o^)。券売機にあった、未食の「きら星風熊本ラーメン」も気になるが…。まぁ食べ終えた時の混雑具合で考えよう。


 やがて出てきた器は二つ。麺とスープとネギのみの丼と、メンマ+チャーシュー1枚の小皿だ。
「きらにぼしそば」

 スープは、何となく澄んだ煮干し味を想像してたけど、ベースはがっちり「きら星」の超濃厚動物系スープだ。それに、別取りの煮干しを合わせてある。煮干しスープは丁寧にとってあるようで、生臭さは感じない。こりゃあ旨いな。

 「濃厚動物白湯+魚介」と言う超広い範囲でくくるなら、例えば「渡なべ」に近いベクトルかも。まあ、「渡なべ」は節系の味も強いのでかなり違うが、「桂花なんつッ亭は熊本ラーメンだから似てる」と言う程度の話。

 煮干しスープのせいかトロミ感はライトで、その分飲みやすく、結局完食。このスープはライスが合うだろうなあ。50円足しての750円で、プチライス標準とかだったら嬉しかったかも。

 私が食べ終えたのは13:40頃。昼の部終了まであと20分ほどだが、まだ7人の待ち。この状況で追加お代わりは出来ないので、店主にちょっと挨拶して退散。平日でこれだからなかなか大変だ。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17989327

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。