2006年06月22日

日記/060623

◆「火の国 代々木店」/冷やし担々麺
◆「光麺 代々木店」/冷やし担々麺
◆「麺者服部」/ジュレじゅーしー香味味玉添え
----------------------------------------------------------------
 そこそこ早く目が覚めたが、やることもそこそこあって、昼過ぎと言うか午後まで自宅での作業、対応、片づけなど。

 自宅を出られたのは14:30くらいだったかな。天候は、厚い雲が気になるが、まあ大丈夫だろう。大丈夫だといいな(^_^;)。東横線と山手線で代々木に向かう。ここには「火の国」「光麺」と、冷やし担々麺を置いている店が至近に二軒あるのでちょうどいいのだ。しかし、同じ「冷やし担々麺」ちゅうても店によって随分違うもんだな。当たり前だが。「担々麺はラーメンではない」と言う主張があって、まあ確かに両者の出自を考えるとそれは正しいんだけど、既に日本の担々麺は「担々麺」と言う名の日本料理になりかかっていて、そういう意味ではやはりラーメンの一種なのかなと思ったり。

 その後、買い物をして休憩兼レポ打ち。やはりこれが能率はいいな【笑】。本っ気で集中する時には自宅で全て外部をシャットアウトする方がいいが、プロット作りや日記執筆くらいの集中力の時は、誘惑の多い自宅より「これをやるしか無い」喫茶店とかでやるのが楽でよろしい。

 一通り打ち終えてから「麺者服部」に向かう。そろそろ夏向けが出てるかなと当たりをつけての来店だ。果たして冷やしの「ジュレじゅーしー」が出ていたので早速注文。その後またレポを打つかどうか迷ったけど、ちょっと疲れてたので帰宅。最寄り駅に降りたら細い雨が降っている。これから強まるかどうかは判らないけど、早期帰宅は正解だったかな。
posted by しう at 23:59| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「火の国 代々木店」/冷やし担々麺

 冷やし担々麺狙い。この店舗は初来店だ。15:40頃で先客1、後客1。店頭ではメニューの表記が見あたらなかったが、HPで「冷やし担々麺(850円)」があるのは見ていたので、店員に訊ねてみたらオーダーが通った。
「冷やし担々麺」
 冷やし担々麺は汁無しタイプ。丼の底には濃いめの味がついたタレが沈んでいる。やや太めの麺の上にはピリ辛味のある挽肉、シャキシャキのモヤシ、白髪ネギ、メンマ、ほうれん草に半味玉など。ちょっとタレの味が濃く、全体の味わいは単調な感じも。卓上のラー油を使って少し刺激を増やして食べたら結構良かったが。
posted by しう at 23:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【東京都】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「光麺 代々木店」/冷やし担々麺

 16時少し過ぎで先客5、後客2。この時間帯にしてはまずまず入っている。狙いの「冷やし担々麺(830円)」は店としてもかなり強く推しているようで、大判のポスターや卓上のPOPなどで目立つ配置になっている。
「冷やし担々麺」
 出てきた丼内で、ぱっと見で目を引くのは緑色の翡翠麺。ほうれん草を練り込んであるそうだ。更にその上には白髪ネギの白、少量の糸唐辛子の赤。ベースにはスープのクリーム色+ラー油の紅色と、色合いがとても鮮やかだ。

 まずスープを飲むとゴマのコクと甘味、すっきりした酸味、ラー油の辛味が同時に感じられておいしい。私のイメージする「担々麺」にかなり近い。また麺もよく冷えて香りと歯ごたえがある。更に、麺と白髪ネギの間には甘辛の肉みそがある。大粒の挽肉とキュウリの乱切り、ザーサイの細切りなど、それぞれが歯ごたえと味わいが異なり、一口ごとにアクセントになってなかなか飽きさせない。これは美味しい。

「杏仁豆腐」
 ランチタイム(11時〜17時)は味玉、半ライス、大盛り、杏仁豆腐のどれかを選べるサービス付き。今回は辛さ中和の為に杏仁豆腐を。名物「世界最強杏仁豆腐」ほどの豪勢な物ではないが、この甘味はありがたい。私は普段、サイドオーダーやデザートは滅多に自分から頼まないからなおさらだ。

 厨房からの声だしや挨拶もしっかりしている。ここ数年で大幅に店舗数を増やし、マニアックに語られることは少なくなった「光麺」だが、企業努力はしっかりやってるんだなと思った。
posted by しう at 23:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【東京都】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「麺者服部」/ジュレじゅーしー香味味玉添え

 20時頃の来店で先客6〜7人、後客3人ほど。なかなか繁盛している。注文は「ジュレじゅーしー(香り玉子添え)1000円」を。確か去年も出てなかったな。私は今回が初になると思うけど。
「ジュレじゅーしー香味味玉添え」
 服部独特の四角い器に入り、レモン、豆のサラダ、味玉、ナッツなどが四隅に盛られ、真ん中にパプリカに囲まれたジュレを盛ってある。味付けはレモンの酸味と塩味、そしてじゅーしー油がコクとラーメンらしさを加えている。レモンを絞るタイミングやジュレ、ナッツをどうブレンドするかで様々な表情を見せてくれる。何となく「鮮やか」な印象のある一杯だ。

 味付けは、私には少し塩辛く感じた。こまめに水を注いでくれるが、自分で注げるお冷やポッドが手に届く所にあるともっと嬉しいな。
posted by しう at 22:30| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン食べ歩き【東京都】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。