2006年05月01日

【焼き鳥】鳥重

 渋谷がお子ちゃまに占拠されてから久しいが、今でもぽつぽつと「大人の為の渋谷」は残っている。その一つが昨日行ってきた「のんべい横丁」。古き良き昭和をそのまま切り取って残したような一角だ。

 お店は焼き鳥の「鳥重」。近年噂はよく聞いていたが、狭い店なのにファンが多く、事実上ほぼ完全予約制。しかも、常連さんと一緒じゃないとまず無理と言う、まるでmixiのような店。一体どうしてくれようかと思っていたら、昨日ひょんな事から常連さんと行ける機会に恵まれた。初対面の常連さん(女性)と、古くからの友人(女性)の両手に花状態である。

 一晩三回の完全入れ替え制で、店舗はほぼ正方形。そのうちの二辺が5人ずつくらい座れるカウンターになって、女将さんが一人で切り盛りする。注文は最初にグループごとにまとめて。店内にはメニューも短冊も無いから、この時点でイチゲンだと難しい。完全にお任せモードである。

 写真は撮らなかったが、とにかく串一本がでかい。だんご(つくね)は三つ刺しだが、小振りなハンバーグほどもある。肉の串も、大きなものはそうだなあ、コッペパンに串を刺したくらいはあるかな? とにかくこれまで見た「焼き鳥」の中では最大だ。一人一本とかは無謀なので、三人で一串を分け合ってちょうどいいくらい。

 注文は、
・柔らかいモツ(レバ)
・ハツ×2
・合鴨
・しっぽ(ぼんじり)
・ナマ(ささみとレバ(白レバ?)の刺身盛り合わせ)
・団子
加えて飲み物が瓶ビール2、日本酒3、ワイン1

 が、これを三人で分けてお腹いっぱいだから、ボリュームのでかさが判ろうと言う物。ハツのしゃきしゃき感と、レバ刺しのねっとりした濃厚さが特筆だった。

 何より女将さんのキャラだな。明るくハイテンションで、狭い店で押し合いながら食べている他人同士を繋ぐ雰囲気がある。いいなあ、常連さんが多いのも納得だ。21:30スタートで、あっという間に終電近くの24時近くである。ラストに出される鶏白湯のスープがまた良い。

 さて、お勘定は以上の飲み食いで6200円。ふむ、そんなもんかなと思ったら、これが三人分の値段だった【爆】。一人2000円少々だ。えーとー、酒類だけでその半額分くらいは越えてると思われるんですが(^_^;)。


 串の本数自体は少ないが、一本につき並の焼き鳥の2〜3倍のボリュームがある事を思えば破格値と言っていい。なるほどね、こりゃ評判になる筈だわ。

 味、雰囲気、値段全てに大いに満足した。また行きたいなあ。またお願いして連れていって貰おう。
posted by しう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。