2006年04月19日

日記

◆「きら星」/きらにぼしそば(超らーめんナビ限定品)
◆「珍珍亭」/チャーシュー油そば(並)

----------------------------------------------------------------
 16日から始まっている、「超らーめんナビ」の今月の限定品は「きら星」だ。動物系超濃厚スープの「きら星」が、煮干し味にチャレンジしてると聞いて行ってみた。ほんとは開店同時を目指したが、ちょいっと出遅れた。まあ平日だし、たいした事はなかろうと思ったんだが。


 東横線が予定外の激遅れだ。何でもみなとみらい線に人が入り込んだからだそうだが、電車の中で眠りこけてしまったのもまずかった。やけにたっぷり寝た感じで目が覚めたら自由が丘。最寄りの駅を出てから一時間近い。普通なら各停に乗りっぱなしでも30分強で渋谷に着くのにこれは異常だ。目が覚めていたら、遅れを察して武蔵小杉から南武線とか、せめて自由が丘から大井町線に逃げる手もあったが、もうたっぷり時間をロスしてしまっている。今さらじたばたしてもしゃあないわいと、向かいに入ってきた特急も無視。どえらく混んでたから乗る気も薄かったし。


 渋谷からは井の頭線→中央線と乗り継ぎ、店頭到着が13:00頃かな。昼休み時間帯も終わったちゅうのに、勤め人らしき人も含めて10人くらい待っていたかな。ちょっと心配になったが、結果的には無事ゲット。旨かったなあ。期間中にまた来たいな。


 その後、徒歩で10年以上行っていない「珍珍亭」に向かう。言わずと知れた油そばの元祖で、温故知新しておこうと言うこと。ここもまた、方向性は違うけど美味しかった。


 ここから更に歩いて「宝華」を目指そうと思っていたが、思った以上に腹がふくれた。ここ数日、ちょっと食事量が少なめで、ラーメン自体も四日目だから、やっぱ胃袋にもリハビリが要るのかしらん。地方遠征なら、「迷ったら喰っとけ」が原則だが、首都圏での食べ歩きは逆に「無理は禁物」が私の信条。そのまま武蔵境の駅まで戻って、中央線で移動。ここでしばらく休憩である。今夜は人と会って食事する仕事があるから、少し胃袋を空けておかないと【笑】。


 二時間ほど休憩とレポ打ち。適度に腹が減ってきた所で、本日の待ち合わせ場所の自由が丘に向かう。んが、途中で相手から何度か連絡があり、どんでん返しの揚句に最終的には行き先は「ルソイ」@目黒に落ち着いた(^_^;)。濃厚なカレーを堪能後、目黒線で帰宅。
posted by しう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「きら星」/きらにぼしそば(超らーめんナビ限定品

 はあ〜、4日ぶりのラーメンだ。らーナビ限定「きらにぼしそば(700円)」狙いで来たら、13時過ぎにもかかわらず10人近い待ち。限定は昼15、夜15の一日30杯である。下手をしたら限定はおろか、昼営業自体終了に間に合うか心配になってきたが、とりあえず売り切れランプはついてない。少し並んだ後に、無事食券ゲットだ(^o^)。券売機にあった、未食の「きら星風熊本ラーメン」も気になるが…。まぁ食べ終えた時の混雑具合で考えよう。


 やがて出てきた器は二つ。麺とスープとネギのみの丼と、メンマ+チャーシュー1枚の小皿だ。
「きらにぼしそば」

 スープは、何となく澄んだ煮干し味を想像してたけど、ベースはがっちり「きら星」の超濃厚動物系スープだ。それに、別取りの煮干しを合わせてある。煮干しスープは丁寧にとってあるようで、生臭さは感じない。こりゃあ旨いな。

 「濃厚動物白湯+魚介」と言う超広い範囲でくくるなら、例えば「渡なべ」に近いベクトルかも。まあ、「渡なべ」は節系の味も強いのでかなり違うが、「桂花なんつッ亭は熊本ラーメンだから似てる」と言う程度の話。

 煮干しスープのせいかトロミ感はライトで、その分飲みやすく、結局完食。このスープはライスが合うだろうなあ。50円足しての750円で、プチライス標準とかだったら嬉しかったかも。

 私が食べ終えたのは13:40頃。昼の部終了まであと20分ほどだが、まだ7人の待ち。この状況で追加お代わりは出来ないので、店主にちょっと挨拶して退散。平日でこれだからなかなか大変だ。

◆「珍珍亭」/チャーシュー油そば(並)

 3月17日の超らーめんナビリニューアルで、「お店からお店へのルート探索機能」が付加された。今居る店のデータページから「近くのお店を検索」を辿ると、近辺のお店までのルートへリンクが出るのだ。徒歩圏内での食べ歩きには超強力なツールである。

 今日はこの新兵器を使って「きら星」から「珍珍亭」まで迷わずまっすぐ到着。中途半端な時間だが、半分くらいの入り+そこそこの来客。普通はノーマルを頼む所なんだが、何となくチャーシュー油そば(850円)並を注文してしまった。
「チャーシュー油そば」

 麺は、太めのもっちりした物。うまいなあ。麺を楽しめると言う意味では、個人的にはもしかしたらつけ麺より好きかも知れない。やはり油そばだから麺が主役だ。底に溜まった油ダレは、記憶に比べると思ったより油っこくなく、するする食べられる。オーソドックスながらさすが元祖。実に美味しい。

 途中で、セオリー通りラー油、酢、胡椒などを使って変化を楽しんで行く。チャーシューはモモ。やや固い部位なんで、最初に麺の底に埋め立てて暖めておくと吉。ごっそさんでしたあ。そういえば、隣のお客が食べていたラーメンがやけに旨そうだった。この麺ならラーメンも行けるかなあ。次回があれば、今度はラーメンを行ってみよう。

【カレー】ルソイ

 今日の夕食は「インド料理 ルソイ」。かなりの繁盛店のようで、我々が入った事でだいたい満席近くになった。フロアではどうやらインド人らしい男性が、ターバンを巻いて接客している。雰囲気ばっちり。二人で、カレー三種とナン二種類を頼んでみた。

「カレー三種」「ナン二種」

 カレーは手前がバターチキン、奥左側がマトンと豆、右側がエビと野菜。ナンは、ノーマルとハーブを使った物。しっかりしたコクとスパイスが鮮烈に香るタイプ。ナンはどっちかと言うともっちりかな? ルウと具が、実にしっとりと調和している。ここもかなり美味しいなあ。

 同行者によると、ランチはまた味わいが違ったみたいで、そちらも機会があれば来てみたいな。
posted by しう at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他美味しい物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。