2006年04月09日

日記

 今日は雑排水管清掃。てっきり午前中に来る者だと思いこんで、用意をして待っていたが、昼前になっても来ない。もしやと思って確認してみたら、ウチのフロアは13:00〜15:00だった【爆】。そりゃ来ない筈だし、かと言って午後一に来るかもしれないので煮炊きはしたくない。で、昼前にバイクを出して、「中々」に向かった。あの「すっごいよ」があった場所に、半年ほど前に出来たとの情報は得ていたが、今日になってやっとと言うこと。

 その後家に戻り、結局業者が来たのは14時近く。作業そのものはすぱっと終了。やれやれ、何だか疲れた。知らん人を家に上げるのって、結構しんどいもんだ。
 サイト整理などをして、夕食は尾山台の「武蔵」。麺屋武蔵の新店ではなく、馬刺しメインの熊本料理店「馬や武蔵」。何でも、熊本は宮本武蔵が晩年を過ごした土地らしい。3000円のコースを中心にいただくが、ボリュームはまずまずながら、馬刺し、馬レバー、馬角煮などの肉物が旨い。中でもモツの味噌煮込みはかなりの絶品。


 お値段も安かったし、こりゃまた行くな。場所は、尾山台駅降りて左折し徒歩数分。環八に出る直前の、尾山台商店街の右側。

●「馬や武蔵」 世田谷区尾山台3-9-8 03-5706-0834 17:00〜23:00(LO22:30) 月休
posted by しう at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

◆「中々」/塩らーめん

 元「すっごいよ」→「秀ちゃんらーめん」の場所に、去年の10月末に出来た店。店内は木を活かした内装に替わり、レイアウトを変えたのか少し広くなったように感じる。ラーメンの基本形は「正油」と「塩」。メニューには塩の方が先に書いてあったので塩らーめん(600円)を注文。

「塩らーめん」

 見てまず思ったのは、非常に透明度が高く澄んだスープと言う事。透明度だけで言えば「鮎らーめん」に匹敵しそう。味わいもちょっと似た感じの、素材単体を突出させない丸みのある味わい。店内書きによるとメインは牛スジと野菜、魚介だそうだが、よほど注意深く味わって、遠くにそれらの風味が見えるかな、と言う感じ。


 麺は細め縮れ麺で、これまた「鮎らーめん」の物とイメージが被る。青味は、ラーメン専門店では珍しいチンゲンサイ。聞くとご主人は中国料理出身だそうで、さもありなん。


 優しい味わいで、飽きの来にくそうなタイプ。正油もいずれ食べに来ないとなあ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。